蓮教寺。廿日市市天神にある浄土真宗本願寺派寺院

猫の足あとによる東京都寺社案内

蓮教寺。廿日市市天神にある浄土真宗本願寺派寺院

蓮教寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の蓮教寺は、慈恩山と号します。蓮教寺は、治音寺(慈恩寺、後に光禅寺と改号)祐泉が真言宗から浄土真宗に改めた後、祐仙の次子常念が下平良に当寺を大永7年(1517)に創建、元和3年(1617)に当地へ移転したといいます。

蓮教寺
蓮教寺の概要
山号 慈恩山
院号 -
寺号 蓮教寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 廿日市市天神3−6
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



蓮教寺の縁起

蓮教寺は、治音寺(慈恩寺、後に光禅寺と改号)祐泉が真言宗から浄土真宗に改めた後、祐仙の次子常念が下平良に当寺を大永7年(1517)に創建、元和3年(1617)に当地へ移転したといいます。

境内掲示による蓮教寺の縁起

当寺は、真宗本願寺派で慈恩山蓮教寺という。元は真言宗で佐伯郡髙井村(現広島市佐伯区)にあったが、永正7年(1506)に浄土真宗に改宗。大永7年(1517)光禅寺祐仙の次子常念が下平良に蓮教寺を創建した後、空西のとき元和3年(1617)現在地に移っている。
当寺の歴代の住職は、記録の保管に心を配っているので創建以後の文書が数多く残され、「蓮教寺文書」と呼ばれている。
特に、江戸時代の寛政年間、浄土真宗において、三業惑乱という騒動が起きたとき、十代住職大龍は師大瀛の命で上京し、本山の学頭の誤った信心のあり方を文書で得て帰広した。この証拠によって安芸国の学僧たちは団結し、この誤りを正したのである。大龍は三業惑乱の関係資料を積極的に集めているので、貴重な資料が多く保存されている。
また、当寺には、市指定重要文化財として、木造阿弥陀如来立像、木造苦行釈迦座像、木造親鸞聖人旅立倚像、紙本著色弥陀並びに善導・法然三尊図(いずれも室町期作、昭和60年1月24日指定)のほか、地元廿日市の鋳物師山田次右衛門尉藤原貞榮が延宝3年(1675)に造った銅製梵鐘(昭和50年1月14日指定)などがある。(廿日市市教育委員会掲示より)

「廣島縣史」による蓮教寺の縁起

髙井村眞言宗治音(一に慈恩)寺九世覺成弟子祐泉創立、永正三年改宗改號。(「廣島縣史」より)


いいお墓

蓮教寺所蔵の文化財

  • 木造阿弥陀如来立像(市重文)
  • 木造苦行釈迦座像(市重文)
  • 木造親鸞聖人旅立倚像(市重文)
  • 紙本著色弥陀並びに善導・法然三尊(市重文)
  • 銅製梵鐘(市重文)

蓮教寺の周辺図


参考資料

  • 「廣島縣史」