長遠寺。広島県広島市中区にある日蓮宗寺院

猫の足あとによる東京都寺社案内

長遠寺。広島県広島市中区にある日蓮宗寺院

長遠寺の概要

日蓮宗寺院の長遠寺は、無量山と号します。長遠寺は、元和5年(1619)に日堯が創建したといいます。

長遠寺
長遠寺の概要
山号 無量山
院号 -
寺号 長遠寺
本尊 -
住所 広島市中区大手町3−10−6
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



長遠寺の縁起

長遠寺は、元和5年(1619)に日堯が創建したといいます。

「廣島縣史」による長遠寺の縁起

元和五年日堯創立。(「廣島縣史」より)


いいお墓

長遠寺所蔵の文化財

  • 鈴木三重吉墓碑

鈴木三重吉墓碑

鈴木三重吉(一八八二-一九三六)は、広島市猿楽町で生まれ、本川小学校、広島一中、第三高等学校を経て東京帝国大学英文科に入学、在学中に夏目漱石の推薦で「千鳥」を雑誌ホトトギスに発表、次いで「山彦」「小鳥の巣」「桑の実」などを書いた。その後、児童雑誌「赤い鳥」を創刊、芥川龍之介、菊池寛、北原白秋らの協力を得て、日本の児童文学を確立した。三重吉は、つづり方や自由詩を指導して児童の創造性を高め、また外国の名作話の紹介にもつとめ、日本の児童文化運動に大きく貢献した。(境内掲示より)

長遠寺の周辺図


参考資料

  • 「廣島縣史」