川留稲荷神社。盛岡市加賀野の神社

猫の足あとによる東京都寺社案内

川留稲荷神社。中津川堤防鎮護の神

川留稲荷神社の概要

川留稲荷神社は、盛岡市加賀野にある神社です。川留稲荷神社は、寛文2年(1663)の大洪水で城下が大被害を受けたことから、中津川堤防鎮護の神として創建したといいます。

川留稲荷神社
川留稲荷神社の概要
社号 川留稲荷神社
祭神 倉稲魂命
相殿 -
境内社 -
祭日 -
住所 盛岡市加賀野1-3-25
備考 -



川留稲荷神社の由緒

川留稲荷神社は、寛文2年(1663)の大洪水で城下が大被害を受けたことから、中津川堤防鎮護の神として創建したといいます。

「岩手県神社名鑑」による川留稲荷神社の由緒

貞享二年(一六八六)南部重信公の建立と言い伝えられる。
南部利直公が盛岡城築城の際、中津川の洪水に遭い、治水護岸工事を行なったが、寛文二年(一六六三)の大洪水で城下は大被害を受けた。このため重信公は、これを教訓に堤防鎮護の神として神社を建立、川の水を止めるということから川留稲荷と呼んだ。その後は洪水がたびたび起きたが、被害は少なかったという。しかし明治四十三年(一九一〇)の大洪水で神殿が流失、加賀野一丁目の現在の社殿は、三田義正氏の手によって再建された。(「岩手県神社名鑑」より)


川留稲荷神社の周辺図


参考資料

  • 「岩手県神社名鑑」