三寶院。栃木県足利市通にある浄土宗寺院

猫の足あとによる首都圏外寺社案内

供養山三寶院。舜智上人開山

三寶院の概要

浄土宗寺院の三寶院は、供養山と号します。三寶院は、舜智上人が開山となり、延應元年(1489)に創建、足利家の帰依も多かったといいます。境内には足利五郎太藤原行国(大治元年1126年卒)の墓碑が残されています。

三寶院
三寶院の概要
山号 供養山
院号 三寶院
寺号 -
本尊 -
住所 足利市通7-3094
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



三寶院の縁起

三寶院は、舜智上人が開山となり、延應元年(1489)に創建、足利家の帰依も多かったといいます。境内には足利五郎太藤原行国(大治元年1126年卒)の墓碑が残されています。

「足利市史」による三寶院の縁起

三寶院(浄土宗)舜智上人開創
一位置
本市通七丁目東、山麓にあり。上野國新田郡太田町大光院の末寺なり。本尊は阿彌陀如来、現在は第廿七世采澤圓晁。檀家二百五十戸なり。
二沿革
寺傳に「當寺は、四條天皇の延應元年(紀元一八九七年)の創立に係り、開山は舜智上人なり。往古は、今の境内の前面にありしが、屡々火災に罹りしを以て、後西天皇の寛文二年(紀元二三二二年)、終に現地に移れり。又當寺は、中古足利家の歸依篤く、随ひて寄附物も多かりき。去れば什寶の多くは、(足利紋)の紋所あり」といふ。右記録等の存するものなく、堂宇また衰頽せしを、孝明天皇の嘉永五年(紀元二五一二年)二月、僧勇勤再建せり。
三什寶
田崎草雲筆の聖観世音(施彩)の大幅あり。
四墓碑
境内に、「正善寺殿、足利五郎太藤原行國、大治元丙年(紀元一七八六年)七月二十七日」と刻せる墓碑あり。近く足利初代市長川島平五郎墓碑また建設せらる。(「足利市史」より)


いいお墓

三寶院所蔵の文化財

  • 足利五郎太藤原行国の墓

足利五郎太藤原行国の墓

藤姓足利氏は、平将門討伐の功績のあった佐野唐沢山城主藤原秀郷の子孫です。子孫の伊勢崎淵名城主藤原成行が天喜2年(1054)足利に入部、両崖山に城を築き、足利藤原氏が誕生しました。
成行は、足利大夫と呼ばれました。大夫は武士再興の五位の別称ですから、足利郡司だったと考えられます。嫡男成綱が早世したので、孫の家綱が成行の養子となり、足利大夫を継ぎました。
当時の継嗣相続は五位の位の家では、孫では相続が出来ぬ制度があったので祖父の養子となり、家督を継いだと思われます。
行国は「尊卑分派」によれば成行の弟行房の子となっていますが「藤原系図」によれば成行の5男で栗崎五郎太郎又は、足利五郎太郎と呼ばれました。
同書には「栗崎蓮台寺城主大治元年(1126)7月27日卒、正善院殿仁応行国」とも書かれています。
行国は、父成綱が早世し、幼くして家督を継いだ家綱が成長するまで、成行の後の足利郡司をつとめたと考えられています。足利五郎太と足利という地名を冠して呼ばれる時は、その他の棟梁を表していますから、一時期、足利藤原の棟梁で両崖山城主となり、家綱の成人により、譲って蓮台寺に隠居したと考えられます。昔の暖かい人間関係が浮かんで来るような行国の墓です。
足利藤原氏は源平合戦の時、平家に組したため、頼朝により滅ぼされました。(足利ロータリークラブ掲示より)

三寶院の周辺図


参考資料

  • 「足利市史」