高勝寺。栃木県栃木市岩舟町にある天台宗寺院

猫の足あとによる首都圏外寺社案内

岩船山高勝寺。宝亀8年開山、岩船信仰

高勝寺の概要

天台宗寺院の高勝寺は、岩船山と号します。高勝寺は、鳥取県大山の僧弘誓坊明願が宝亀8年(775)に開山したと伝えられます。当地岩船山には、霊魂が集まり死ぬと霊はこの山へ昇るという信仰があったとされ、江戸期には「岩船地蔵」を積極的に流布、岩船信仰が広まり、浄財により三重塔や楼門・鐘楼など伽藍整備が進んだといいます。

高勝寺
高勝寺の概要
山号 岩船山
院号 -
寺号 高勝寺
本尊 -
住所 栃木市岩舟町靜3
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



高勝寺の縁起

高勝寺は、鳥取県大山の僧弘誓坊明願が宝亀8年(775)に開山したと伝えられます。当地岩船山には、霊魂が集まり死ぬと霊はこの山へ昇るという信仰があったとされ、江戸期には「岩船地蔵」を積極的に流布、岩船信仰が広まり、浄財により三重塔や楼門・鐘楼など伽藍整備が進んだといいます。

境内掲示による高勝寺の縁起

岩船山高勝寺 天台宗
宝亀八年(西暦七七五年)第四十九代光仁天皇の御代伯州(鳥取県)大山の僧弘誓坊明願によって、開山された岩船山に関東の高野山日本三地蔵の第一の霊場といわれている。先住民族の間に高い岩肌の出た山に霊魂が集まり死ぬと霊はこの山へ昇るという宗教があった。岩船山は、死者の集まる所、霊魂の集まる所として民俗学的に非常に貴重な山である。岩船山とは山全体が一艘の船の形をしており、子供の霊を供養する所である。また位牌がなまって、岩船となったともいわれている。本尊は子育子授地蔵としても有名であり、徳川四代将軍は岩船地蔵の申し子といわれている。享保年間に諸堂の大改修が行われ、寛延四年(一七五一)に三重の塔が建立された。その頃、岩船節といわれる念仏が関東一円に流行したといわれ、昭和十六・七年頃まであった。
踊り念仏はその名残りといわれている。
なお、春秋の彼岸には関東一円より多くの人々で賑わう。(岩舟町教育委員会掲示より)


いいお墓

高勝寺所蔵の文化財

  • 岩船山高勝寺の大仏・燈籠
  • 高勝寺三重塔(栃木県指定有形文化財)
  • 西院の河原堂(岩舟町指定文化財)

岩船山高勝寺の大仏・燈籠

岩船山高勝寺は、宝亀年中(770-781)に伯耆国(鳥取県)大山の山麓に住んでいた僧弘誓坊明願がひらいたと伝えられます。
高勝寺では、正徳3年(1713)から大規模な寺院建築のために、岩船地蔵を各地にたてるなどの積極的な布教活動が行われました。このことにより岩船山の名声は一層高まり、多くの民衆の力によりお堂や塔などが完成しました。
大仏や燈籠は、この活動がきっかけとなってたてられたものと考えられます。大仏は享保9年(1724)に、佐野天明鋳物師丸山善太郎毎昭によってつくられました。また本堂前の燈籠4基も、宝暦13年(1763)に丸山善太郎毎昭によってつくられました。(岩舟町教育委員会掲示より)

高勝寺三重塔

寛延4年(1751)の建立で九輪の伏鉢銘に「大工下野国駒場村大山平六云々」とあり、この地方の棟梁の建造であることが判明している。
全体の容姿は安定感があり、バランスのとれた三重塔である。
この塔の北側には本堂があり鐘楼・楼門・地蔵堂・庫裡等この山上に堂塔伽藍が建立されており、往時の信仰と苦心のあとが偲ばれる(栃木県教育委員会岩舟町教育委員会掲示より)

西院の河原堂

西院の河原堂とは俗に賽の河原のことで、賽の河原で地蔵が子供を救うということから、西院信仰もまた普及しました。特に「一重積んでは父を呼び、二重積んでは母恋し・・・」という地蔵和讃がこの西院信仰を更に広めました。(岩舟町教育委員会掲示より)

高勝寺の周辺図