満願寺。栃木県栃木市出流町にある真言宗智山派寺院

猫の足あとによる東京都寺社案内

出流山満願寺。坂東三十三ヶ所17番、関東八十八ヶ所、関東九十一薬師

満願寺の概要

真言宗智山派寺院の満願寺は、出流山遍照光院と号します。満願寺は、勝道上人が天平神護元年(765)に開山、55年後の弘仁11年(820)には弘法大師が参籠、その際に自刻した十一面千手観音を本尊とするといいます。坂東三十三ヶ所17番札所として著名な他、関東八十八ヶ所霊場特番、関東九十一薬師霊場54番、下野三十三観音霊場29番です。

満願寺
満願寺の概要
山号 出流山
院号 遍照光院
寺号 満願寺
本尊 -
住所 栃木市出流町288
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



満願寺の縁起

満願寺は、勝道上人が天平神護元年(765)に開山、55年後の弘仁11年(820)には弘法大師が参籠、その際に自刻した十一面千手観音を本尊とするといいます。

栃木市「出流・星野へのご案内」による満願寺の縁起

出流山満願寺
天平神護元年(西暦765年)勝道上人により開山されたと伝えられています。
弘仁11年(西暦820年)には弘法大師がおこもりになり、そのときつくったのが、現本尊の11面千手観音菩薩像といわれています。
また、羽黒山・月山・湯殿山のいわゆる出羽三山詣での行者は、出流山に参詣しなければ大願が成就しないといわれています。(栃木市「出流・星野へのご案内」よりより)


いいお墓

満願寺の周辺図