猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

観智院|港区芝公園にある浄土宗寺院

観智院の概要

浄土宗寺院の観智院は、徹公が開祖となり永禄年間(1558-1570)三田に誠諦安庵と号して創建、慶長3年(1598)増上寺の子院となり普光院と改めたものの、その地が観智國師隠棲の場所であつたことから享保年間(1716-1735)観智院と改めたといいます。

観智院
観智院の概要
山号 -
院号 観智院
寺号 -
住所 港区芝公園2-2-13
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



観智院の縁起

観智院は、徹公が開祖となり永禄年間(1558-1570)三田に誠諦安庵と号して創建、慶長3年(1598)増上寺の子院となり普光院と改めたものの、その地が観智國師隠棲の場所であつたことから享保年間(1716-1735)観智院と改めたといいます。

「芝區誌」による観智院の縁起

観智院 芝公園第十號地三番
増上寺の子院。開祖は徹公。永禄年間武蔵國箕田の郷に創建、誠諦安庵と號した。慶長三年増上寺の子院に列り、其後普光院と改めたが、観智國師隠棲の場所であつたので、享保の初め更に観智院と改稱した。(「芝區誌」より)


観智院の周辺図


参考資料
  • 「芝區誌」