猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内 猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

荏原神社|品川区北品川の神社、元准勅祭社、郷社、東海七福神の恵比寿神

荏原神社の概要

荏原神社は、品川区北品川にある神社です。荏原神社は、和銅2年(709)9月9日、奈良丹生川上神社より高麗神(龍神)を勧請し、創建されました。長元2年(1029)に神明宮、宝治元年(1247)に牛頭天王を勧請し、古くから品川の龍神さまとして親しまれ、貴船社、貴船大明神、品川大明神と呼ばれ、江戸時代には2石5斗(5石を品川神社と折半)のご朱印を受け、明治時代には准勅祭社の一社に指定されていました。

荏原神社
荏原神社の概要
社号 荏原神社
祭神 高龍神
配祀 天照皇大神、須佐男之神、豊受姫之命、手力雄之神、大鳥大神、恵比寿神
末社 伊邪那岐命、伊邪那美命、稲荷大神、応神天皇、徳川家康公、白山姫命、大国主命、木花開那姫命、市杵嶋姫命
住所 品川区北品川2-30-28
備考 准勅祭社、郷社、東海七福神の恵比寿神


※御朱印はいけみずさんより寄贈


荏原神社の由緒

荏原神社は、和銅2年(709)9月9日、奈良丹生川上神社より高麗神(龍神)を勧請し、創建されました。長元2年(1029)に神明宮、宝治元年(1247)に牛頭天王を勧請し、古くから品川の龍神さまとして親しまれ、貴船社、貴船大明神、品川大明神と呼ばれ、江戸時代には2石5斗(5石を品川神社と折半)のご朱印を受け、明治時代には准勅祭社の一社に指定されていました。

「品川区の文化財」による荏原神社の由緒

南品川の鎮守である。社伝によれば、和銅2年(709)9月9日、藤原伊勢人が、武蔵国荏原郡荏原川(目黒川)のほとりに勧請して当所の鎮守となした。一説には天長年間のこととも云、此神は大和国丹生神社と御同体で祈雨止雨の守護神である。当社の旧地は枝郷三ッ木の地であるとも伝えており、現在旧地に貴船神社がある。
康平5年6月19日、源頼義、義家両朝臣が、勅命により陸奥の安倍貞任、宗任を征伐の為、下向の節、武蔵国府総社六所宮(府中市大国魂神社)に祈願し、又当社にも参詣し、社頭の海浜に身を浄め、一心に祈願奉幣して出陣した。勝利を治めて無事帰途の際に六所宮ならびに当社に御礼を奉幣された。
此吉例によって、以来総社の大祭である5月5日の前、4月30日に神主社家一同が神馬をひきいて当社に来たり、社頭の浜に各自が身を浄め、塩水を汲み取って持ち帰り、5月5日までの間毎日潔斉し5日の祭典を奉祀するのを管領とする様になった。
天正18年徳川家康関東に下向の節当社に立寄り、由緒故実等を尋ねられた。
当寺の神主鈴木正根が参上し、由緒等を差出した処、古社であることによって左文字の太刀一振りを納められた。ついで翌19年11月神主正根が召出され、家康より5石の朱印状を賜った。以来代々この将軍より判状を受けてきたのであるが、途中北の稲荷社(品川神社)との間で争論が起こり、結果としては二分して2石5斗づつに分割されるようになったのである。(「品川区の文化財」より)


荏原神社所蔵の文化財

  • 品川拍子(荏原神社中心の地域)(品川区指定文化財)

荏原神社の周辺図


大きな地図で見る


安産・七五三祈願

天祖・諏訪神社