猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内 猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

浜川神社|品川区南大井の神社、鈴ヶ森厄神

浜川神社の概要

浜川神社は、品川区南大井にある神社です。浜川神社は、修験道寺院として天明頃(1781-1789)に厄神大権現を祀り創祀、明治維新で神社となり浜川神社と称したといいます。現在、天祖・諏訪神社の兼務社となっています。

浜川神社
浜川神社の概要
社号 浜川神社
祭神 須佐之男命
相殿 大物主命、少彦名命
境内社 天神社、金刀比羅社、弥兵衛稲荷社、浅間社
住所 品川区南大井2-4-8
備考 鈴ヶ森厄神、天祖諏訪神社の兼務社
公式サイト:濱川神社の案内



浜川神社の由緒

浜川神社は、修験道寺院として天明頃(1781-1789)に厄神大権現を祀り創祀、明治維新で神社となり浜川神社と称したといいます。

「品川区の文化財」による浜川神社の由緒

当社の発祥は江戸期の修験である。天明頃(1781-1789)に福島三右衛門という者が、富士山、高尾山そして出羽羽黒山で修行して羽黒修験となり、自宅に厄神大権現を祀ったのが当社の始まりであるといわれている。
三右衛門はのちに教光院了善と称したが、江戸城大奥の女中や、諸大名から篤い尊信を受けていた。天保13年(1842)に了善は町奉行鳥居甲斐神のために穽られて流罪となったが、嘉永3年(1850)放免され、嘉永5年(1852)に了善の孫大野良顕が再興した。明治維新の神仏分離の際に当社は神社となって浜川神社と称し、良顕が還俗して神職となって奉仕した。
当社は江戸期には厄神と呼ばれて厄除けの神として尊崇されていたが、元来地元の鎮守でないため氏子がなく、信徒が各地に散在し講を結成している。
信徒が特に多いのは、東京湾を隔てた対岸の房総沿岸地域で、木更津から佐貫、鴨川にかけての漁村の人々の信仰を得ている。
江戸期には祭日にこれらの人達が舟で東京湾を横断して当社の前に上陸し、その日当社に参籠して翌日高尾山に参拝登山したといわれている。(「品川区の文化財」より)

「東京都神社名鑑」による浜川神社の由緒

鎮座は天明年間(一七八一-八九)と伝えられているが、崇敬者は千葉県・神奈川県・東京周域におよんでいる。信仰形態は、その源が羽黒修験に出ているため、神事もその色彩が濃く、信者は神拝詞を唱和し、戦前は深夜に水行ののち「八十八社の厄病大神」と祈躊する声に近隣の人びとを驚かすものがあった。(「東京都神社名鑑」より)


浜川神社所蔵の文化財

  • 浜川神社文書(品川区指定文化財)

浜川神社文書(指定平成14年2月26日)

浜川神社は、江戸時代・天明の頃に修験者・教光院了善が厄神大権現として祀ったことに始まる。明治維新後、神社となり浜川神社と称した。厄神の信徒は上総・安房にも及び現在に至っている。
浜川神社文書は、前身である厄神社(厄神大権現)および浜川神社に関する文書と証文類で構成されている。保存状態もよく、大井地区の歴史だけでなく、江戸時代から近代に至る神社史を知る上でも貴重な資料である。(品川区教育委員会)

浜川神社の周辺図


大きな地図で見る


安産・七五三祈願

天祖・諏訪神社