藤原神明社|船橋市藤原の神社

猫の足あとによる千葉県寺社案内

藤原神明社|船橋市藤原の神社

藤原神明社の概要

藤原神明社は、船橋市藤原にある神社です。藤原神明社の創建年代等は不詳ながら、宝暦10年(1760)の明細帳に記載され、当時は自性院が別当を勤めていたといいます。藤原七面堂藤原観音堂共に元禄年間(1688-1704)頃の創建と言われているので、当社もその頃には祀られていたものと思われます。明治維新後の社格制定に際し村社に列格、明治10年火災により焼失し、明治32年当地へ移転したといいます。

藤原神明社
藤原神明社の概要
社号 神明社
祭神 神明の神
相殿 -
境内社 八坂神社・金刀比羅神社など
住所 千葉県船橋市藤原3-34-16
祭日 10月17日
備考 -



藤原神明社の由緒

藤原神明社の創建年代等は不詳ながら、宝暦10年(1760)の明細帳に記載され、当時は自性院が別当を勤めていたといいます。藤原七面堂藤原観音堂共に元禄年間(1688-1704)頃の創建と言われているので、当社もその頃には祀られていたものと思われます。明治維新後の社格制定に際し村社に列格、明治10年火災により焼失し、明治32年当地へ移転したといいます。

千葉県神社名鑑による藤原神明社の由緒

由緒に関する記載なし(千葉県神社名鑑より)

「船橋市史」による藤原神明社の由緒

(藤原新田)
神明神社
『県神明細』には由緒不詳とある。宝暦十年の明細帳に「鎮守神明宮」「別当自性院」とある。自性院は行徳村の真言宗寺院である。当社は明治十年頃火災にあい、同三十二年に現在地に移転された。(「船橋市史」より)


藤原神明社の周辺図