猫の足あとによる千葉県寺社案内

医王寺|松戸市中金杉にある真言宗豊山派寺院

医王寺の概要

真言宗豊山派寺院の医王寺は、日照山歓喜院天竜坊と号します。医王寺は、寛永年間(1624-1644)に越後から不動明王を背負って来た僧侶が、当地で祈願したところ、流行していた疫病を鎮めることができたことから、高木治右衛門吉久境内地を寄進して医王寺と称したといいます。松戸七福神の毘沙門天が祀られています。

医王寺
医王寺の概要
山号 日照山
院号 歓喜院
寺号 医王寺
住所 松戸市中金杉4-189
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



医王寺の縁起

医王寺は、寛永年間(1624-1644)に越後から不動明王を背負って来た僧侶が、当地で祈願したところ、流行していた疫病を鎮めることができたことから、高木治右衛門吉久境内地を寄進して医王寺と称したといいます。

「松戸のお寺」による医王寺の縁起

真言宗豊山派日照山医王寺
当山は正式には、日照山歓喜院天竜坊医王寺といい、ご本尊は「不動明王」をお祀りしています。
創建は江戸時代の始め、寛永年間(一六二四~一六四四)。遠く越後(現在の新潟)より一人の僧侶が不動明王を背負い、この地にやって来ました。
当時この土地では疫病が流行しており、その不動明王に祈願したことで鎮めることが出来たそうです。このことがご縁となり、このお不動さまをこの地でお祀りすることになりました。
殊に信仰篤かった高木治右衛門吉久が、現在の境内地を寄進して、堂宇を建立し、病を鎮めたことから「医王寺」と呼ばれるようになりました。今日でも、お正月と五月・九月のご縁日(二十八日)にはお護摩を炊いて皆さまの幸せをご祈願しています。
また、松戸七福神の一ヶ寺として毘沙門天をお祀りしています。毘沙門天は印度の神さまですが、多聞天とも呼ばれ仏教四天王の一尊です。左手の塔には仏さまの多くの知恵を具え、右手の宝棒は悪霊を退散させ、気力と財宝をさずけるといわれています。(「松戸のお寺」より)


医王寺の周辺図