猫の足あとによる北区の寺院、神社など北区の寺社案内 猫の足あとによる北区の寺院、神社など北区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

真頂院|北区赤羽にある真言宗智山派寺院

真頂院の概要

真言宗智山派寺院の真頂院は、廣照山平等寺と号します。真頂院の創建年代等は不詳ながら、元徳2年(1330年)銘の碑が江戸時代に残っていたことや、本寺の錫杖寺が天平12年(740)の創建と伝えられていることから、古寺と推察されます。僧宥深(寛正5年1464年寂)により中興され、北豊島郡に多くの末寺を擁していました。豊島八十八ヶ所霊場69番札所、北豊島三十三ヶ所霊場9番札所です。

真頂院
真頂院の概要
山号 廣照山
院号 真頂院
寺号 平等寺
住所 北区赤羽3-16-3
宗派 真言宗智山派
本尊 大日如来像
葬儀・墓地 -
備考 -



真頂院の縁起

真頂院の創建年代等は不詳ながら、元徳2年(1330年)銘の碑が江戸時代に残っていたことや、本寺の錫杖寺が天平12年(740)の創建と伝えられていることから、古寺と推察されます。僧宥深(寛正5年1464年寂)により中興され、北豊島郡に多くの末寺を擁していました。

(袋村)真頂院
新義真言宗足立郡川口宿錫杖寺末、廣照山平等寺と号す。本尊大日、中興僧宥深寛正5年8月15日寂す。境内に元徳2年庚午6月7日岩淵幸如法名恵観と彫たる古碑及文明中の碑あり。(新編武蔵風土記稿より)


真頂院のもと末寺

真頂院は、北豊島郡を中心に数多くの末寺を擁していました。


真頂院の周辺図