猫の足あとによる江東区の寺院、神社など江東区の寺社案内 猫の足あとによる江東区の寺院、神社など江東区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

玄信寺|江東区深川にある浄土宗寺院

玄信寺の概要

浄土宗寺院の玄信寺は、幽遠山と号します。玄信寺は、関東郡代伊奈忠順の妻が開基、還蓮社本誉玄故上人が開山となり、寛永6年(1629)深川下佐賀町に創建、寛永18年当地に移転したといいます。

玄信寺
玄信寺の概要
山号 幽遠山
院号 -
寺号 玄信寺
住所 江東区深川2-15-20
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



玄信寺の縁起

玄信寺は、関東郡代伊奈忠順の妻が開基、還蓮社本誉玄故上人が開山となり、寛永6年(1629)深川下佐賀町に創建、寛永18年当地に移転したといいます。

「江東区の民俗深川編」による玄信寺の縁起

玄信寺
寛永六年、(1629)、深川下佐賀町に創立、寛永一八年、現在地に移転。開基は関東郡代伊奈忠順の妻で、開山は還蓮社本誉玄故上人(「幽遠山誌」)。境内地は相川新兵衛が寄進。昭和六年(1931)まで、永代一丁目は相川町といい、相川氏は同町開発以来名主で、その子孫は寺の檀家総代を務めたという(「寺社めぐり24」)。(江東区の民俗深川編より)


玄信寺所蔵の文化財

  • 木造阿弥陀三尊像(江東区登録文化財)
  • 銅製伏鉦 西村和泉守作(江東区登録文化財)
  • 玄信寺興誉法名授与状(江東区登録文化財)
  • 理照院墓(江東区登録文化財)
  • 紫檀楼古喜墓(江東区登録文化財)
  • 薬師供養塔(江東区登録文化財)

玄信寺の周辺図


大きな地図で見る