猫の足あとによる台東区・東京都・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる東京都寺社案内

台東区の寺社|寺院や神社、名所旧跡などの紹介

台東区の寺社概観

台東区は、江戸時代に概ね御府内となっており、当時最も人口が密集していた地域の一つでもあることから数多くの寺社があり、霊場めぐりや札所も発達しています。

浅草寺雷門

江戸時代に御朱印状を拝領した寺社

  • 寛永寺(11,790石)台東区上野桜木1-14-11
  • 浅草寺(寛永13年200石)台東区浅草2-3-1
  • 藏前神社(元禄7年以降200石)台東区蔵前3-14-11
  • 永久寺(200石)台東区三ノ輪2-14-5
  • 唯念寺(100石)台東区元浅草2-11-3
  • 西福寺(100石)台東区蔵前4-16-16
  • 報恩寺(30石1斗)台東区東上野6-13-13
  • 浄念寺(30石)台東区蔵前4-18-11
  • 玉林寺(慶安元年1648年21石)台東区谷中1-7-15
  • 東光院(天正19年15石)台東区西浅草3-11-2
  • 世尊寺(慶安2年7石5斗)台東区根岸3-13-22

台東区にある本山格の寺院

台東区内には、(天台宗を離脱し設立した)聖観音宗総本山の浅草寺、浄土真宗東本願寺派本山の東本願寺、天台宗の関東総本山寛永寺があります。

台東区にある郷社格以上の神社

台東区内では、上野東照宮が府社に、また5社が郷社に列格していました。



番外:台東区の名所旧跡

台東区には、谷中七福神下谷七福神浅草七福神、の七福神巡礼があり、谷中七福神は江戸時代中期に始まった最も古い七福神巡礼として有名です。