猫の足あとによる江東区の寺院、神社など江東区の寺社案内 猫の足あとによる江東区の寺院、神社など江東区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

良信院|江東区三好にある浄土宗寺院

良信院の概要

浄土宗寺院の良信院は、光明山と号します。良信院は、法蓮社然譽無垢阿良信上人が開山となり、法禅寺(現神田寺)の塔頭として正保三年(1646)日本橋に創建、その後法禅寺(現神田寺)と共に深川移転したといいます。大正13年に常照院を合併したといいます。

良信院外観
良信院の概要
山号 光明山
院号 良信院
寺号 -
住所 江東区三好3-7-5
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 墓地受付中



良信院の縁起

良信院は、法蓮社然譽無垢阿良信上人が開山となり、法禅寺(現神田寺)の塔頭として正保三年(1646)日本橋に創建、その後法禅寺(現神田寺)と共に深川移転したといいます。大正13年に常照院を合併したといいます。

江東区の民俗深川編良信院の縁起

良信院
正保三年(1646)、日本橋に法禅寺の塔頭として創建、その後、法禅寺とともに深川に移る。大正一三年に同じく法禅寺の塔頭であった常照院を合併する。昭和二〇年の戦災後、法禅寺は神田に移転したが、良信院は留まった。良信院の本堂はかつて法禅寺の本堂があった位置だという(「寺社めぐり29」)。法禅寺は神田に移転した際、安民寺を合併し神田寺と改称している。神田寺の墓地は深川に残る。
良信院では境内整備をすすめるなか、昭和五三年に信徒会館の中に全国でも珍しいロッカー式墓地を二三九区画作ったという。(江東区の民俗深川編より)


良信院所蔵の文化財

  • 木造阿弥陀如来立像(江東区有形文化財)
  • 厨子入木造菩薩立像(江東区有形文化財)
  • 厨子入木造観音菩薩立像(江東区有形文化財)

良信院の周辺図


大きな地図で見る