猫の足あとによる上尾市の寺院、神社、観光名所など上尾市の寺社案内 猫の足あとによる上尾市の寺院、神社、観光名所など上尾市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

西光寺。上尾市中新井にある天台宗寺院

西光寺の概要

天台宗寺院の西光寺は、慈榮山光明院と号します。西光寺の創建年代等は不詳ながら、当地にはかつて天台宗の大寺院があったといいます。其の後北條氏照、及びその養父大石源左衛門定久が開基となり、傑用徳英(元亀3年1572年寂)が天台宗寺院として開山、天正19年(1591年)には寺領10石の御朱印状を拝領したといいます。

西光寺
西光寺の概要
山号 慈榮山
院号 光明院
寺号 西光寺
本尊 木造阿弥陀三尊立像
住所 上尾市中新井64
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



西光寺の縁起

西光寺の創建年代等は不詳ながら、小名寺家山の地に在ったといいます。秀惠が当地へ移転の上、中興したといいます。

新編武蔵風土記稿による西光寺の縁起

(中新井村)西光寺
天台宗、側海斗村慈寶院末、慈榮山光明院と號す、本尊三尊の彌陀を安ず、當寺は元小名寺家山にありしを、秀惠と云僧今の所へ引移して堂宇を再興せしゆへ、これを中興開山と稱すといふ。
観音堂。子安観音を安ず。
稲荷社
天王社
愛宕社
鐘楼。鐘は天明年中の鑄造なり。(新編武蔵風土記稿より)

「上尾の神社・寺院」による西光寺の縁起

「新編武蔵風土記稿」によれば、当時はもと小名寺家山にあったが秀恵という僧が現在地に移し、堂宇を再興した。これを中興開山と称している。開創の時期、中興の時期ともに不明。(「上尾の神社・寺院」より)


西光寺所蔵の文化財

  • 本尊木造阿弥陀三尊立像(市指定文化財)

西光寺の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」
  • 「上尾の神社・寺院」(上尾市教育委員会)



葬儀社紹介・葬儀相談

葬儀支援ネット