猫の足あとによる深谷市の寺院、神社、観光名所など深谷市の寺社案内 猫の足あとによる深谷市の寺院、神社、観光名所など深谷市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

高台院。深谷市田谷にある曹洞宗寺院

高台院の概要

曹洞宗寺院の高台院は、深谷山永明寺と号します。高台院の創建年代は不詳ですが、上杉氏家臣高橋永明の創建と伝えられます。深谷城三代目の城主上杉憲賢の菩提を弔うため、その妻高泰姫(法名高泰院殿梅室元法大姉、元亀4年1573年寂)が中興開基、臥龍伊天和尚(慶長6年1602年寂)が中興開山となり永禄4年(1561)再興したといいます。

高台院
高台院の概要
山号 深谷山
院号 高台院
寺号 永明寺
本尊 釈迦如来像
住所 深谷市田谷308
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



高台院の縁起

高台院の創建年代は不詳ですが、上杉氏家臣高橋永明の創建と伝えられます。深谷城三代目の城主上杉憲賢の菩提を弔うため、その妻高泰姫(法名高泰院殿梅室元法大姉、元亀4年1573年寂)が中興開基、臥龍伊天和尚(慶長6年1602年寂)が中興開山となり永禄4年(1561)再興したといいます。

新編武蔵風土記稿による高台院の縁起

(田谷村)高台院
禅宗曹洞派、人見村昌福寺末、深谷山永明寺と号す。当寺は上杉氏の家人、高橋永明と云もの草創し、今の寺号をもて称せしに、永禄二年ひとたび衰廃せり。其後上杉次郎憲賢の妻高泰姫再興せり。故に彼姫の法号を以て院号とし、則開基の檀越とす。法名高泰院殿梅室元法大姉と称し、元亀四年二月六日卒す。泰を台に改しは其故を詳にせず。開山臥龍伊天和尚慶長六年十一月二十三日寂す。本尊釈迦を安ず。
稲荷社。村の鎮守なり。天和年中境外にありしを爰に移せりと云。
天神社。白山社。疱瘡神社。閻魔堂。
高泰院墓。本堂の南にあり。五輪にて法名卒年を彫れり。
楼門。寛政五年再建の鐘をかく。(新編武蔵風土記稿より)


高台院所蔵の文化財

  • 狐開帳図絵馬(深谷市指定文化財)
  • 高台院銅鐘(深谷市指定文化財)
  • 高麗螺鈿香台(深谷市指定文化財)
  • 上杉憲賢室高泰姫墓(深谷市指定文化財)
  • 北亭為直画朱描鎮西八郎為朝像(深谷市指定文化財)
  • 北亭為直墓(深谷市指定文化財)

高台院の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑