猫の足あとによる伊奈町・埼玉県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

西藏院。伊奈町羽貫にある真言宗智山派寺院

西藏院の概要

真言宗智山派寺院の西藏院は、蓮浄山来迎寺と号します。西藏院の縁起については不詳ながら、僧寶鑁(慶長3年1598年寂)が中興開山したといいます。

西藏院
西藏院の概要
山号 蓮浄山
院号 西藏院
寺号 来迎寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 伊奈町羽貫1072
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



西藏院の縁起

西藏院の縁起については不詳ながら、僧寶鑁(慶長3年1598年寂)が中興開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による西藏院の縁起

(羽貫村)
西藏院
新義眞言宗、倉田村明星院末、蓮浄山来迎寺と號す、中興開山寶鑁慶長三年六月十一日寂す、本尊は彌陀にて、この像の腹籠にも同じ像あり、
稲荷社、釋迦堂、(新編武蔵風土記稿より)

「伊奈町史」による西藏院の縁起

西蔵院は、蓮浄山西蔵院来迎寺と号する新義真言宗智山派の寺で、本尊は阿弥陀如来である。桶川市倉田の明星院の末寺であり、以前は無住で、明星院住職が兼務していた。このため、施餓鬼などのときには、住職が挟み箱持ちといっしょにやって来たものである。その当時は、留守居のおばあさんがいた。この留守居のおばあさんは、檀家の命日に、ジザイといって拝みに来たものである。ジザイで来ると、各家では夕飯を御馳走した。
『風土記稿』によると、本尊には「腹龍にも同じ像あり」と記され、胎内仏のある本尊としている。このほか、中興開山の実鑁は、慶応三年(一八六七)六月一一日に寂せりとしている。
西蔵院は、羽貫に古くから住む家が総て檀家になっている寺である。なお、施餓鬼は八月二六日に行っていたが、近年は八月一六日に変更になっている。(「伊奈町史」より)


いいお墓

西藏院の周辺図

参考資料

  • 「新編武蔵風土記稿」
  • 「伊奈町史」(伊奈町教育委員会)