猫の足あとによる埼玉県寺社案内

淨春院。春日部市小渕にある曹洞宗寺院

淨春院の概要

曹洞宗寺院の淨春院は、不二山と号します。淨春院は、一色宮内大輔公保(寛正5年1464年寂)が開基となり、梅室門英が開山、慶安元年(1648)には江戸幕府より寺領10石の御朱印状を受領していました。

淨春院
淨春院の概要
山号 不二山
院号 淨春院
寺号 -
住所 春日部市小渕2156
宗派 曹洞宗
本尊 釈迦牟尼仏像
葬儀・墓地 -
備考 -



淨春院の縁起

淨春院は、一色宮内大輔公保(寛正5年1464年寂)が開基となり、梅室門英が開山、慶安元年(1648)には江戸幕府より寺領10石の御朱印状を受領していました。

新編武蔵風土記稿による淨春院の縁起

(葛飾郡小淵村)
浄春院
禅宗曹洞派、常陸國行方郡上戸村長國寺末、士峯山と號す、開山梅室門英、開基一色宮内大輔公保寛正五年二月十七日卒す、公保の事幸手宿の條に委し、慶安元年九月寺領十石の御朱印を賜ふ、本尊釋迦を安置す、
鐘樓。近き年鑄造の鐘をかく、
淺間社
地蔵堂(新編武蔵風土記稿より)


淨春院の周辺図