猫の足あとによる川越市・埼玉県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

延命寺。川越市笠幡にある天台宗寺院

延命寺の概要

天台宗寺院の延命寺は、幡靈山と号します。延命寺は、元二(貞治5年1366年寂)が禅宗寺院として開山、南光坊天海僧正(川越喜多院住持・上野寛永寺開山)が中興開山し、豪海(天和3年1683年寂)を住職としたといいます。

延命寺
延命寺の概要
山号 幡靈山
院号 -
寺号 延命寺
住所 川越市笠幡4451
宗派 天台宗
本尊 阿弥陀如来像
葬儀・墓地 -
備考 -



延命寺の縁起

延命寺は、元二(貞治5年1366年寂)が禅宗寺院として開山、南光坊天海僧正(川越喜多院住持・上野寛永寺開山)が中興開山し、豪海(天和3年1683年寂)を住職としたといいます。

新編武蔵風土記稿による延命寺の縁起

(笠幡村)
延命寺
幡靈山法護院と號す、天台宗、川越中院の末なり、本尊地蔵を杏、開山元二貞治五年九月十日寂す、中興開山は南光坊天海僧正にて、その後法孫豪海をして住持せしむ、天和三年三月十三日化す、此寺往古は禅宗なりしが、慈眼天海と宗論のことありて、改宗せしといひ傳ふ、寺中に観應應永の古碑存せり、(新編武蔵風土記稿より)


いいお墓

延命寺の周辺図