猫の足あとによる埼玉県寺社案内

北田島観音堂。川越市北田島にある寺院

北田島観音堂の概要

寺院の北田島観音堂の創建年代等は不詳ながら、江戸時代後期に編纂された新編武蔵風土記稿によると、当時嘉元三年(1305)銘の古碑が残されていたといい、村民(個人)持ちの堂として記されています。江戸期には、北田島を南北に分けて、北側の村民の寄合所として利用されていたといいます。

北田島観音堂
北田島観音堂の概要
山号 -
院号 -
寺号 -
住所 川越市北田島329
宗派 -
葬儀・墓地 -
備考 -



北田島観音堂の縁起

北田島観音堂の創建年代等は不詳ながら、江戸時代後期に編纂された新編武蔵風土記稿によると、当時嘉元三年(1305)銘の古碑が残されていたといい、村民(個人)持ちの堂として記されています。江戸期には、北田島を南北に分けて、北側の村民の寄合所として利用されていたといいます。

新編武蔵風土記稿による北田島観音堂の縁起

(北田島村)
觀音堂
十一面觀音、坐像長一尺なるを安ず、行基の作なりと云、堂の背後に古碑あり、嘉元三年卯月と見ゆ、其餘の文字讀がたし、村民の持なり。(新編武蔵風土記稿より)


北田島観音堂の周辺図