猫の足あとによる埼玉県寺社案内

觀音寺。川越市菅間にある天台宗寺院

觀音寺の概要

天台宗寺院の觀音寺は、正保山と号します。觀音寺の創建年代等は不詳ながら、江戸時代後期に編纂された新編武蔵風土記稿に「天台宗、仙波中院の門徒、正法山と號す、本尊觀音を安置せり、」と記載され、大正2年に発行された入間郡誌には記載されていますが、その後廃寺となっています。江戸期には菅間神明社・菅間稲荷社の別当を勤めていた他、菅間觀音堂・菅間阿弥陀堂二宇を擁していました。

觀音寺
觀音寺の概要
山号 正保山
院号
寺号 觀音寺
住所 川越市菅間
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



觀音寺の縁起

觀音寺の創建年代等は不詳ながら、江戸時代後期に編纂された新編武蔵風土記稿に「天台宗、仙波中院の門徒、正法山と號す、本尊觀音を安置せり、」と記載され、大正2年に発行された入間郡誌には記載されていますが、その後廃寺となっています。江戸期には菅間神明社・菅間稲荷社の別当を勤めていた他、菅間觀音堂・菅間阿弥陀堂二宇を擁していました。

新編武蔵風土記稿による觀音寺の縁起

(菅間村)
觀音寺
天台宗、仙波中院の門徒、正法山と號す、本尊觀音を安置せり、
辨財天社(新編武蔵風土記稿より)

「入間郡誌」による觀音寺の縁起

觀音寺
川越中院末、正法山と號す。(「入間郡誌」より)


觀音寺の周辺図