猫の足あとによる埼玉県寺社案内

慈星院。川口市芝にある天台宗寺院

慈星院の概要

天台宗寺院の慈星院は、慈覺山清月寺と号します。慈星院の創建年代等は不詳ながら、慈覚大師の創建とも伝えられるといい、江戸期には寺領7石の御朱印状を拝領したといいます。北足立八十八ヵ所霊場81番です。

慈星院
慈星院の概要
山号 慈覺山
院号 慈星院
寺号 清月寺
本尊 虚空蔵菩薩像
住所 川口市芝5222
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 清月幼稚園



慈星院の縁起

慈星院の創建年代等は不詳ながら、慈覚大師の創建とも伝えられるといい、江戸期には寺領7石の御朱印状を拝領したといいます。

新編武蔵風土記稿による慈星院の縁起

(芝村)慈星院
天台宗、中尾村吉祥寺末、寺領七石を賜ふ、慈覺山清月寺と號す、開山は慈覺大師なりと傳ふるは覺束なし、此寺一旦衰廢し、又近き頃回禄の災に罹り、舊記を失ひたれば詳ならずと云、本尊虚空蔵を安ず、慈覺大師の作なりといふ。
護摩堂。不動を安ず、運慶の作なり。
山王社。天神を合祀せり。(新編武蔵風土記稿より)

境内掲示による慈星院の縁起

天台宗寺門派に属し、慈覚山清月寺と号する。浦和市中尾吉祥寺の末寺で、寺領七石を賜っていた。開山は慈覚大師と伝えられているが、当寺は寛永年間(1624-44)の中頃火災に遭い、旧記、資料など一切を焼失したため、詳しいことはわかっていない。
しかし、文化年間(1804-18)に亮応師が本堂を再建したと伝えられ、また、本尊の虚空蔵菩薩は慈覚大師の作と伝えられている。(境内掲示より)


慈星院の周辺図