猫の足あとによる埼玉県寺社案内

贈正五位小田熊太郎生地。加須市常泉にある旧跡・名所

贈正五位小田熊太郎生地の概要

贈正五位小田熊太郎生地は、加須市常泉にある名所旧跡です。贈正五位小田熊太郎生地は、勤王の志士小田熊太郎の出生地です。小田熊太郎は当地常泉の名主代官家に生まれ、勤王倒幕運動に参加、文久3年(1863)捕らえられ、水戸の吉田原で斬首されたといいます。勤王の志士として、死後正五位を贈られた人物で、当地道路南向いに小田霊社として祀られています。

贈正五位小田熊太郎生地
贈正五位小田熊太郎生地の概要
旧跡・名所名 贈正五位小田熊太郎生地
みどころ 加須市指定史跡
入場時間 -
入場料 無料
住所 加須市常泉632
備考 -




贈正五位小田熊太郎生地の縁起

贈正五位小田熊太郎生地は、勤王の志士小田熊太郎の出生地です。小田熊太郎は当地常泉の名主代官家に生まれ、勤王倒幕運動に参加、文久3年(1863)捕らえられ、水戸の吉田原で斬首されたといいます。勤王の志士として、死後正五位を贈られた人物で、当地道路南向いに小田霊社として祀られています。

境内掲示による贈正五位小田熊太郎生地について

贈正五位小田熊太郎生地
小田家は本姓福島氏で、代々当地常泉の名主代官であった。熊太郎は勤皇討幕運動に参加し、文久三年(一八六三年)桃井可堂の計画に従って、赤城山の挙兵に加わろうとしたが敗れ、同志と水戸に走り天狗党に入り、筑波に兵をあげたが利なく、後に捕えられ水戸の吉田原で斬首された。ときに二十二才であった。
勤王の志士として贈正五位その功績をたたえられてりる。(加須市教育委員会掲示より)


贈正五位小田熊太郎生地の周辺図


参考資料

  • 「加須市の神社・寺院」