猫の足あとによる埼玉県寺社案内

深井薬師堂。北本市深井にある仏教寺院

深井薬師堂の概要

仏教寺院の深井薬師堂は、北本市深井にある薬師堂です。深井薬師堂の創建年代等は不詳ながら、明治政府により編纂された武蔵國郡村誌に記載され、寅年の春に一週間程度開帳されているそうです。本尊の木造薬師三尊像は、北本市有形文化財に指定されています。

深井薬師堂
深井薬師堂の概要
山号 -
院号 -
寺号 -
住所 北本市深井5-11
宗派 -
葬儀・墓地 -
備考 -



深井薬師堂の縁起

深井薬師堂の創建年代等は不詳ながら、明治政府により編纂された武蔵國郡村誌に記載され、寅年の春に一週間程度開帳されているそうです。

新編武蔵風土記稿による深井薬師堂の縁起

(深井村)
該当記載なし(新編武蔵風土記稿より)

「北本市史民俗編」による深井薬師堂の縁起

深井の堂庵
『風土記稿』には二宇載せられており、観音堂には「十一面観音を安ず」とあり、薬師堂には何の記載もない。
『郡村誌』になると薬師堂だけになり、「村の西方にあり」とある。これが現在の薬師堂と思われる。盆前の七日に、ここに墓を持つ家が集まり、墓地の除草・清掃を行うだけで、特に行事などはやっていない。十二年に度、寅年の御開帳というのがあり、春一週間程開帳する。
今の薬師堂は、五年程前に寄附を集めて建て替えたものである。昔は「め」と書いた絵馬が多くあがっていたという。(「北本市史民俗編」より)


深井薬師堂所蔵の文化財

  • 木造薬師三尊像

木造薬師三尊像

本像は、薬師堂本尊として伝来したものである。
中尊(薬師如来)は、両手の指先を欠失しているが、薬壺を持っていたものと思われる。表情など、全体に古格に則ったくずれのない彫技を見せている。
両脇侍像(日光-向かって右、月光-左)も同様の特色を示しており、三尊とも同一仏師の手になるものであろう。
製作年代は、室町時代後期頃と思われるが、市内に遺る仏像の中では、出来映えがよく、時代の古い点で貴重な作品と言えよう。
(法量)
薬師如来像 像高二十八・四cm
日光菩薩 像高三十一・三cm
月光菩薩 像高三十一・七cm
昭和五十八年三月十五日(北本市教育委員会掲示より)

深井薬師堂の周辺図

参考資料

  • 「新編武蔵風土記稿」
  • 「北本市史民俗編」