猫の足あとによる埼玉県児玉郡の寺院、神社、観光名所など埼玉県児玉郡の寺社案内 猫の足あとによる埼玉県児玉郡の寺院、神社、観光名所など埼玉県児玉郡の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

勝輪寺。児玉郡美里町小茂田にある真言宗豊山派寺院

勝輪寺の概要

真言宗豊山派寺院の勝輪寺は、持地山遍照院と号します。勝輪寺は、文和元年(1352)僧祐清が開山となり創建したと伝えられ、江戸期には談林所であったといいます。

勝輪寺
勝輪寺の概要
山号 持地山
院号 遍照院
寺号 勝輪寺
住所 児玉郡美里町小茂田350
宗派 真言宗豊山派
本尊 大日如来像
葬儀・墓地 -
備考 -



勝輪寺の縁起

勝輪寺は、文和元年(1352)僧祐清が開山となり創建したと伝えられ、江戸期には談林所であったといいます。

美里町史による勝輪寺の縁起

勝輪寺
持地山遍照院勝輪寺と称し、大字小茂田にある。奈良県初瀬長谷寺の末寺といわれ、真言宗豊山派で本尊は大日如来である。文和元年(1352)僧祐清の開山と伝えられる。寺格は談林所(仏教の学問所または末寺を持つ本寺のこと)であったといわれている。(美里町史より)

新編武蔵風土記稿による勝輪寺の縁起

勝輪寺
新義真言宗、京都仁和寺末、持地山遍照院礼性坊と称し、檀林所なり。本尊は不動を安ず。
鐘楼。最近再鋳せし鐘なりと云。
経堂。
稲荷、天神合社。地蔵堂。(新編武蔵風土記稿より)


勝輪寺の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑