猫の足あとによる埼玉県寺社案内

三明院。越谷市七左町にある本山修験宗寺院

三明院の概要

本山修験宗寺院の三明院は、正本山明王寺と号します。三明院は、秀貞が開山となり、安政7年(1860)に創建、明治維新後に修験宗は廃宗とされたものの、戦後修験宗に復しているといいます。

三明院
三明院の概要
山号 正本山
院号 三明院
寺号 明王寺
住所 越谷市七左町5-186-2
宗派 本山修験宗
葬儀・墓地 -
備考 -



三明院の縁起

三明院は、秀貞が開山となり、安政7年(1860)に創建、明治維新後に修験宗は廃宗とされたものの、戦後修験宗に復しているといいます。

「埼玉宗教年鑑」による三明院の縁起

正本山明王寺と号す。
開創は安政7年(1860年)3月で、開山は秀貞である。この時、本尊不動明王像を千葉県の成田山新勝寺から分霊安置したもので、この事は本尊に記されている。
当寺第2世秀定の代に、本堂を現在のものに再建された。明治初期に修験宗は廃宗となったが、第二次世界大戦後再び旧宗に復し、現住職で4世をかぞえ、今日に至っている。(「埼玉宗教年鑑」より)


三明院の周辺図