猫の足あとによる越谷市・埼玉県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

浄音寺。越谷市大成町にある浄土宗寺院

浄音寺の概要

浄土宗寺院の浄音寺は、解脱山保鏡院と号します。浄音寺は、宇田長左衛門が開基、解脱阿存保(文禄3年1594寂)が開山となり創建、西方山蓮華院浄音寺と号していたといいます。天正19年寺領10石の御朱印状を拝領、解脱山保鏡院浄音寺と改めたといいます。

浄音寺
浄音寺の概要
山号 解脱山
院号 保鏡院
寺号 浄音寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 越谷市大成町6-427-1
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



浄音寺の縁起

浄音寺は、宇田長左衛門が開基、解脱阿存保(文禄3年1594寂)が開山となり創建、西方山蓮華院浄音寺と号していたといいます。天正19年寺領10石の御朱印状を拝領、解脱山保鏡院浄音寺と改めたといいます。

新編武蔵風土記稿による浄音寺の縁起

(見田方村)浄音寺
浄土宗、京都智恩院末、解脱山保鏡院と稱す、元は西方山蓮華院浄音寺と云、天正十九年より寺領十石を賜ふ。開山解脱阿存保文禄三年十月十五日示寂、開基は宇田長左衛門と云、法諡卒年を失ふ、されど傳燈総系譜、存保は、武州足立郡人姓宇田氏大相模浄音開山たるよしをのす、因て思ふに長左衛門は、存保の一族にて、力を合せ當寺を建立せしなるべし、又名主圭蔵も宇田氏なれば、是等の子孫なるべけれど、其詳なることを傳へず、本尊は阿彌陀を安ぜり。
鐘楼。近年の鋳造なり。
八幡社。(新編武蔵風土記稿より)


いいお墓

浄音寺の周辺図


大きな地図で見る