新田稲荷神社。鶴ヶ島市太田ケ谷の神社

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

新田稲荷神社。犬に追われた狐を助けたことから勧請

新田稲荷神社の概要

新田稲荷神社は、鶴ヶ島市太田ケ谷にある神社です。新田稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、太田ヶ谷の字新田に鎮座、稲荷講により維持されているといいます。

新田稲荷神社
新田稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 議田彦命
相殿 -
境内社 -
祭日 二月初午
住所 鶴ヶ島市太田ケ谷
備考 -



新田稲荷神社の由緒

新田稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、太田ヶ谷の字新田に鎮座、稲荷講により維持されているといいます。

新編武蔵風土記稿による新田稲荷神社の由緒

(太田ケ谷村)
該当記載なし(新編武蔵風土記稿より)

「鶴ヶ島町史(民俗社会編)」による新田稲荷神社の由緒

太田ケ谷の稲荷三社
太田ヶ谷の古くからの集落である字新井・新田・東に所在。それぞれの祭神は倉稲魂神・議田彦命・大宮売命。二月初午には、一区は新井稲荷、二区は新田稲荷、三区は東稲荷に分かれて、稲荷講を行っている。また冬至には東の稲荷で星祭りが行われて来た。(「鶴ヶ島町史(民俗社会編)」より)


新田稲荷神社の周辺図

参考資料

  • 「新編武蔵風土記稿」
  • 「鶴ヶ島町史(民俗社会編)」