光勝寺。坂戸市赤尾にある真言宗智山派寺院

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

明王山光勝寺。坂戸市赤尾にある真言宗智山派寺院

光勝寺の概要

真言宗智山派寺院の光勝寺は、明王山と号します。光勝寺は、正保14年(1657)の創建と伝えられます。江戸時代後期の地誌「新編武蔵風土記稿」では「境内に貞治(1362-1368)元亨(1321-1324)永正(1504-1521)等の古碑あり」と記しています。

光勝寺
光勝寺の概要
山号 明王山
院号 -
寺号 光勝寺
本尊 大日如来像
住所 坂戸市赤尾1832
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



光勝寺の縁起

光勝寺は、正保14年(1657)の創建と伝えられます。江戸時代後期の地誌「新編武蔵風土記稿」では「境内に貞治(1362-1368)元亨(1321-1324)永正(1504-1521)等の古碑あり」と記しています。

新編武蔵風土記稿による光勝寺の縁起

(赤尾村)
光勝寺
新義眞言宗、石井村大智寺末、明王山と號す、開山圓音寂年を傳へず、法流開山を朝慧と云、寶暦六年七月十六日示寂す、本尊大日なり、門前に古碑二基あれど、文字漫滅して讀べからず、又境内に貞治元亨永正等の古碑あり、
阿彌陀堂(新編武蔵風土記稿より)

「埼玉宗教名鑑」による光勝寺の縁起

明王山と号す。
正保14年(1657年)の創建と伝えられる。
開山は法印円音。
法流開山は宝暦6年(1756年)7月16日入寂した法印朝慧。(「埼玉宗教名鑑」より)


光勝寺の周辺図


参考資料

  • 「新編武蔵風土記稿」