猫の足あとによる坂戸市・鶴ヶ島市・埼玉県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

少林寺。坂戸市小沼にある曹洞宗寺院

少林寺の概要

曹洞宗寺院の少林寺は、鳳雲山聖諦院と号します。少林寺は、当地の村民小嶋氏の祖先道斎宗現沙彌(元亀3年1572年寂)が永禄2年(1559)に創建、永源寺6世高天暁が開山したといいます。

少林寺
少林寺の概要
山号 鳳雲山
院号 聖諦院
寺号 少林寺
本尊 釋迦如来像
住所 坂戸市小沼521
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



少林寺の縁起

少林寺は、当地の村民小嶋氏の祖先道斎宗現沙彌(元亀3年1572年寂)が永禄2年(1559)に創建、永源寺6世高天暁が開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による少林寺の縁起

(小沼村)少林寺
禅宗曹洞派、同郡坂戸村永源寺末、鳳雲山聖諦院と號す、開基道斎宗現沙彌永禄二年に草創し、元龜三年七月十五日寂せり、此僧は小嶋氏にて此村の農民なりしが、今其家絶たれば詳ならず、其後本寺六代の僧高天暁、延寶元年に寺格を進めし故、此僧を法流開山とす、本尊釋迦の坐像一尺一寸、僧惠隠の作なりといふ。
東照宮、白山社、稲荷社
観音堂。魚籃観音なり。(新編武蔵風土記稿より)


いいお墓

少林寺の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」