猫の足あとによる草加市の寺院、神社、観光名所など草加市の寺社案内 猫の足あとによる草加市の寺院、神社、観光名所など草加市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

照富久稲荷神社。八潮市八潮の神社

照富久稲荷神社の概要

照富久稲荷神社は、八潮市八潮にある稲荷神社です。照富久稲荷神社の創建年代は不詳ですが、木曾根新田の守り神として、江戸時代に別当であった正福寺の境内に豊受比賣命を祀ったといいます。明治42年木曽根氷川神社に合祀されたものの、昭和29年還座、正福寺に因んで照富久神社と称したといいます。

照富久稲荷神社
照富久稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 宇賀之御魂命
相殿 -
境内社 天満宮
祭日 -
住所 八潮市八潮1-22-8
備考 -



照富久稲荷神社の由緒

照富久稲荷神社の創建年代は不詳ですが、木曾根新田の守り神として、江戸時代に別当であった正福寺の境内に豊受比賣命を祀ったといいます。明治42年木曽根氷川神社に合祀されたものの、昭和29年還座、正福寺に因んで照富久神社と称したといいます。

新編武蔵風土記稿による照富久稲荷神社の由緒

(木曽根村)正福寺
本尊薬師を安ず、古は寮なりしが、近来一寺となれりと云。
稲荷社。(新編武蔵風土記稿より)

「埼玉の神社」による照富久稲荷神社の由緒

照富久稲荷神社<八潮市八潮一-二二-八(木曾根字西耕地)>
口碑によれば、当社は木曾根新田の守り神として、江戸時代に別当であった正福寺の境内に豊受比賣命を祀ったのがその初めとされ、元来は単に「稲荷社」と称していた。正福寺については、『風土記稿』木曾根村の項に、「本尊薬師を安ず、古は寮なりしが、近来一寺となれりと云」と記載されており、木曾根新田の人々の厚い信仰に支えられて庵から寺になった様子がうかがわれる。
しかし、神仏分離によって正福寺は明治の初めに廃寺になり、更に明治四十二年には政府の合祀政策に従い、無格社であった当社は、木曾根の村社であった木曽根氷川神社に合祀され、鳥居や狛犬なども神体の幣束と共に木曽根氷川神社に移された。そのような状況にあっても、氏子の当社に寄せる信仰が厚かったため、神仏分離まで神体とされていた本地仏の千手観音像(全高二六センチメートル)は社殿と共にそのまま地元に残され、木曾根新田の人々の手で祭祀が続けられてきた。
太平洋戦争を経、社格が廃され、信教の自由が叫ばれるようになると、当社に寄せる氏子の思いはますます厚くなり、昭和二十九年に至っで積年の悲願であった木曽根氷川神社からの復祀を実現し、翌三十年に遷座祭が執行された。この分祀を機に、当社では社殿の修復、鳥居・眷属像の再建などの整備が図られ、更に正福寺の寺号であった「ショウフク」を冠して社号を照富久稲荷神社と改め、現在に至っている。(「埼玉の神社」より)


照富久稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る