猫の足あとによる埼玉県寺社案内

常光寺。戸田市早瀬にある真言宗智山派寺院

常光寺の概要

真言宗智山派寺院の常光寺は、日照山大日院と号します。常光寺の創建年代等は不詳ながら、当地よりも荒川河川敷寄りにあったといいます。明治5年廃寺となったものの、堂宇・墓地などは残され、荒川河川改修に伴い、当地へ移転したといいます。

常光寺
常光寺の概要
山号 日照山
院号 大日院
寺号 常光寺
本尊 大日如来像
住所 戸田市早瀬2-23
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



常光寺の縁起

常光寺の創建年代等は不詳ながら、当地よりも荒川河川敷寄りにあったといいます。明治5年廃寺となったものの、堂宇・墓地などは残され、荒川河川改修に伴い、当地へ移転したといいます。

新編武蔵風土記稿による常光寺の縁起

(下笹目村枝郷早瀬村)常光寺
新義真言宗、與野町圓乗院門徒、日照山大日院と號す、本尊大日を置
天神社
地蔵堂(新編武蔵風土記稿より)

「戸田市の寺社」による常光寺の縁起

常光寺
『武蔵国郡村誌』
下笹目村古跡
常光寺跡 縦四十五間横四十間面積千八百坪、村の南方にあり同上(明治五年廃寺)
(寺伝)創立年代不詳、もと荒川(早瀬)の河川敷にあったが河川改修により現在地に移る。(「戸田市の寺社」より)


常光寺の周辺図


参考資料

  • 新編武蔵風土記稿