猫の足あとによる千代田区・東京都・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる東京都寺社案内

白菊稲荷神社|千代田区飯田橋の神社

白菊稲荷神社の概要

白菊稲荷神社は、千代田区飯田橋にある稲荷神社です。白菊稲荷神社は、京都伏見稲荷神社の分霊を勧請して大正15年創建したといいます。

白菊稲荷神社
白菊稲荷神社の概要
社号 白菊稲荷神社
祭神 倉稲魂命
相殿 -
境内社 -
祭日 白菊祭初午日
住所 千代田区飯田橋1-12
備考 築土神社の兼務社



白菊稲荷神社の由緒

白菊稲荷神社は、京都伏見稲荷神社の分霊を勧請して大正15年創建したといいます。

境内掲示による白菊稲荷神社の由緒

白菊稲荷神社
大正十五年(1926年)七月、地域の発展・繁栄のため有志二百余名が相計い
京都伏見の御神霊をご分霊を相受け御祀り奉り、新宮を創建奉斎し白菊稲荷として現在の場所に鎮座せられました。
遡ること約200年ほど前 統治が裏四番町と云われていた文化三年(1806年。第11代将軍徳川家斉の治世、葛飾北斎等同年代の頃)には既にこの地には御社がお祀りしてありました由にて誠に由緒深い伝えもあります。
一般に「お稲荷さん」と親しまれている稲荷大神の信仰の起源は古く、地域の身近な神さまで開運招福、商売繁盛、火防の守護神として御神徳を慕って多くの人々に永く崇敬されてきました。
ご参詣の皆様方の弥栄を祈念申し上げます。(境内掲示より)


白菊稲荷神社の周辺図