猫の足あとによる江東区の寺院、神社など江東区の寺社案内 猫の足あとによる江東区の寺院、神社など江東区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

妙法稲荷神社|江東区東砂の神社

妙法稲荷神社の概要

妙法稲荷神社は、江東区東砂にある神社です。妙法稲荷神社は、慶長年間(1596-1615)に河内枚方の荻勘七郎が当地を開拓、妙法耕地と名づけられた当地に、萩新田の鎮守として創建したといいます。

妙法稲荷神社
妙法稲荷神社の概要
社号 稲荷神社
祭神 宇迦之御魂命
相殿 -
境内社 -
祭日 -
住所 江東区東砂2-3-2
備考 旧萩新田鎮守



妙法稲荷神社の由緒

妙法稲荷神社は、慶長年間(1596-1615)に河内枚方の荻勘七郎が当地を開拓、妙法耕地と名づけられた当地に、萩新田の鎮守として創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による妙法稲荷神社の由緒

(萩新田)稲荷社二宇
上妙寺持(新編武蔵風土記稿より)

「江東区の民俗城東編」による妙法稲荷神社の由緒

妙法稲荷神社
『南着飾郡神社要覧』によれば、河内国枚方の人、荻兄弟三人が慶長年間(一五九六~一六一五)にこの土地に移住してきて開拓し、東方に画するところを妙法耕地と名付け一社を建立し、妙法稲荷と称し、荻新田の鎮守としたのがこの社のおこりであるという。(「江東区の民俗城東編」より)


妙法稲荷神社所蔵の文化財

  • 石造鳥居(明治14年在銘)(江東区登録文化財)

妙法稲荷神社の周辺図


大きな地図で見る