猫の足あとによる埼玉県寺社案内

田子山御嶽神社。志木市本町の神社

田子山御嶽神社の概要

田子山御嶽神社は、志木市本町にある御嶽神社です。田子山御嶽神社は、天保2年(1831)に実明講社(御嶽講の一派)の人々が木曽御嶽神社を勧請して創建したといいます。現在敷島神社の境外社となっています。

田子山御嶽神社
田子山御嶽神社の概要
社号 御嶽神社
祭神 国常立大神、豊雲野大神、大己貴大神、少名彦名大神
相殿 -
境内社 稲荷神社
祭日 -
住所 志木市本町2-15
備考 -



田子山御嶽神社の由緒

田子山御嶽神社は、天保2年(1831)に実明講社(御嶽講の一派)の人々が木曽御嶽神社を勧請して創建したといいます。

志木市教育委員会掲示による田子山御嶽神社の由緒

天保二年(一八三一)に実明講社(御嶽講の一派)の人々が木曽御嶽神社を勧請し、創建したものと伝えられています。
木曽御嶽山は、江戸中期頃までは一般に開放されていませんでしたが、寛政四年(一七九二)頃より一般にも解放されるようになり、御嶽講社の結成が行われ、江戸末期には全国に広まってその数五〇〇ともいわれていました。
現在の社殿は、昭和三十三年十月に改築されたものです。(志木市教育委員会掲示より)


田子山御嶽神社の周辺図


大きな地図で見る

参考資料

-