猫の足あとによる東松山市・埼玉県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

法音山高済寺。東松山市高坂にある曹洞宗寺院

高済寺の概要

曹洞宗寺院の高済寺は、法音山多門院と号します。高済寺は、齋藤助右衛門(法名高梁院玉嚴道毘居士、元和8年1623年卒)が開基となり、野本無量壽寺第六世大渓和尚(文禄2年1594年寂)が開山、慶安2年(1649)には江戸幕府より寺領25石の御朱印状を拝領したといいます。当寺は、高坂刑部の陣屋跡で、古の領主加々爪隼人正・同民部少輔の墓は市文化財に指定されています。

高済寺
高済寺の概要
山号 法音山
院号 多門院
寺号 高済寺
本尊 釈迦牟尼佛像
住所 東松山市高坂834
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



高済寺の縁起

高済寺は、齋藤助右衛門(法名高梁院玉嚴道毘居士、元和8年1623年卒)が開基となり、野本無量壽寺第六世大渓和尚(文禄2年1594年寂)が開山、慶安2年(1649)には江戸幕府より寺領25石の御朱印状を拝領したといいます。当寺は、高坂刑部の陣屋跡で、古の領主加々爪隼人正・同民部少輔の墓は市文化財に指定されています。

新編武蔵風土記稿による高済寺の縁起

(高坂村)
高濟寺
禅宗曹洞派、野本村無量壽寺末、慶安二年寺領二十五石の御朱印を賜ふ、大渓山と號す、本尊釋迦を安ぜり、開山は本山第六世大渓和尚と云、文禄二年九月廿九日示寂す、開基は齋藤助右衛門と云者にて、法名高梁院玉嚴道毘居士と稱す、元和八年五月廿三日卒せり、是村民助右衛門が祖先なり、境内に古の領主加々爪隼人正・同民部少輔が墳墓あり、此地は四方土手ありて、壳堀所々に見ゆれば、陣屋の跡なるべし、一説に小田原北條氏の臣、高坂刑部と云者の屋敷跡と云へど、其據を知らず。
鍾樓。安永九年再造の鐘をかく。
稲荷社。(新編武蔵風土記稿より)


いいお墓

高済寺の周辺図

参考資料
  • 「新編武蔵風土記稿」