猫の足あとによる埼玉県寺社案内

大正寺。飯能市中藤中郷にある真言宗系単立寺院

大正寺の概要

真言宗系単立寺院の大正寺は、寶林山と号します。大正寺の創建年代等は不詳ながら、慶安2年(1649)には江戸幕府より寺領4石5斗の御朱印状を受領していました。明治維新後、学校として供用され、現在は本尊を祀る堂のみが寺院としての面影を残しています。

大正寺
大正寺の概要
山号 寶林山
院号 -
寺号 大正寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 飯能市大字中藤中郷39
宗派 真言宗系単立
葬儀・墓地 -
備考 -



大正寺の縁起

大正寺の創建年代等は不詳ながら、慶安2年(1649)には江戸幕府より寺領4石5斗の御朱印状を受領していました。明治維新後、学校として供用され、現在は本尊を祀る堂のみが寺院としての面影を残しています。

新編武蔵風土記稿による大正寺の縁起

(中藤村上郷・中藤村中郷・中藤村下郷)
大正寺
寶林山と號す、慶安二年四石五斗の御朱印を賜ふ、新義眞言宗、多磨郡青梅村金剛寺末也、本尊不動を安置せり、(新編武蔵風土記稿より)

飯能市史資料編による大正寺の縁起

大正寺(大字中藤中郷字田ノ上39)
本堂は明治のはじめ学校として使われていたが、現在では民家となり、本尊を祀る別堂のみが残っている。
(飯能市史資料編より)


大正寺の周辺図


参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「飯能市史資料編Ⅳ社寺教会」