猫の足あとによる伊奈町・埼玉県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

中荻観音堂。伊奈町小室にある真言宗智山派寺院

中荻観音堂の概要

真言宗智山派寺院の中荻観音堂は、伊奈町小室にある観音堂です。中荻観音堂の創建年代等は不詳ながら、江戸期の地誌新編武蔵風土記稿にも記載されており、昭和17年に梅松院の所属となったといいます。

中荻観音堂
中荻観音堂の概要
山号 -
院号 -
寺号 -
本尊 聖観音像
住所 伊奈町小室
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 -



中荻観音堂の縁起

中荻観音堂の創建年代等は不詳ながら、江戸期の地誌新編武蔵風土記稿にも記載されており、昭和17年に梅松院の所属となったといいます。

新編武蔵風土記稿による中荻観音堂の縁起

(中萩村)
観音堂
十一面観音を安ず、村持、(新編武蔵風土記稿より)

「伊奈町史」による中荻観音堂の縁起

観音堂は、中荻に古くからすむ家で管理している。『風土記稿』には、中荻村の条に「観音堂 十一面観音を安す村持」と記されている。このように、本尊はもともと十一面観音であったが、昭和五〇年代に修理を行った際、聖観音に改めた。寺院堂庵明細帳によると、昭和一七年に柴の梅松院の所属となっている。三年交代の当番が三人で運営している。(「伊奈町史」より)


いいお墓

中荻観音堂の周辺図

参考資料

  • 「新編武蔵風土記稿」
  • 「伊奈町史」(伊奈町教育委員会)