猫の足あとによる埼玉県寺社案内

旧池上家住宅。三芳町竹間沢にある名所旧跡

旧池上家住宅の概要

旧池上家住宅は、三芳町竹間沢にある名所旧跡です。旧池上家住宅は、竹間沢の名主を務めていた池上家の旧居宅で、歴史民俗資料館の敷地内に移築復元されています。旧池上家住宅は、江戸時代末期の建築と推定され、桁行11間・梁間6間で9室あります。池上家は、池上喜平が元禄2年(1689)に草分けとして竹間沢村に入植、鎮守三十番神(竹間神社)を勧請、幕末まで名主を勤めていました。

旧池上家住宅
旧池上家住宅の概要
名称 旧池上家住宅
見どころ 中世井戸
入場時間 -
入場料 -
住所 三芳町竹間沢877歴史民俗資料内
備考 月曜日休館



旧池上家住宅の由来

旧池上家住宅は、竹間沢の名主を務めていた池上家の旧居宅で、歴史民俗資料館の敷地内に移築復元されています。旧池上家住宅は、江戸時代末期の建築と推定され、桁行11間・梁間6間で9室あります。池上家は、池上喜平が元禄2年(1689)に草分けとして竹間沢村に入植、鎮守三十番神(竹間神社)を勧請、幕末まで名主を勤めていました。

旧池上家住宅の周辺図


参考資料

  • 新編武蔵風土記稿