猫の足あとによる川越市・埼玉県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

宿粒八幡神社。川越市山田の神社

宿粒八幡神社の概要

宿粒八幡神社は、川越市山田にある八幡神社です。宿粒八幡神社の創建年代等は不詳ながら、江戸期には宿粒村の鎮守社として祀られ、明治維新後には村社となったものの、明治42年北山田八幡神社(赤城神社)に合祀されました。北山田八幡神社(赤城神社)に祀られている当社の八幡大明神像は、寛延3年(1750)の銘が残されており、この時の創建とも考えられます。

宿粒八幡神社
宿粒八幡神社の概要
社号 八幡神社
祭神 誉田別尊
相殿 -
境内社 -
祭日 -
住所 川越市山田
備考 -



宿粒八幡神社の由緒

宿粒八幡神社の創建年代等は不詳ながら、江戸期には宿粒村の鎮守社として祀られ、明治維新後には村社となったものの、明治42年北山田八幡神社(赤城神社)に合祀されました。北山田八幡神社(赤城神社)に祀られている当社の八幡大明神像は、寛延3年(1750)の銘が残されており、この時の創建とも考えられます。

新編武蔵風土記稿による宿粒八幡神社の由緒

(宿粒村)
八幡社
村内の鎮守なり、府川村吉祥院の持、 (新編武蔵風土記稿より)

「埼玉の神社」による宿粒八幡神社の由緒

赤城神社項
明治四二年大字福田の村社赤城神社、字落合の八坂社・頭殿社、字金山の金山社、大字向小久保の村社八幡神社、大字宿粒の村社八幡神社を合祀した。(「埼玉の神社」より)


宿粒八幡神社の周辺図