猫の足あとによる埼玉県寺社案内

天沼新田正進庵。川越市天沼新田にある寺院

天沼新田正進庵の概要

寺院の天沼新田正進庵は、川越市天沼新田にある仏堂です。天沼新田正進庵の縁起については不詳ながら、安永5年(1776)に策定された中武蔵七十二薬師霊場の十四番「薬師堂」とされていることから、天沼新田が開発された正保年間(1645-1648)以降に天沼新田稲荷神社と共に祀らたものと思われます。現在は天沼新田自治会館内で「正進庵」と称しているそうです。

天沼新田正進庵
天沼新田正進庵の概要
山号 -
院号 -
寺号 正進庵
住所 川越市天沼新田144-1
宗派
本尊 薬師如来像
葬儀・墓地 -
備考 -



天沼新田正進庵の縁起

天沼新田正進庵の縁起については不詳ながら、安永5年(1776)に策定された中武蔵七十二薬師霊場の十四番「薬師堂」とされていることから、天沼新田が開発された正保年間(1645-1648)以降に天沼新田稲荷神社と共に祀らたものと思われます。現在は天沼新田自治会館内で「正進庵」と称しているそうです。

新編武蔵風土記稿による天沼新田正進庵の縁起

(天沼新田)
天沼新田は、郡の東南にあり、廣谷郷に屬せり、この新田は往昔上廣谷村の民来りて開墾せしという、されば上廣谷新田とも唱ふべきに、天沼新田と名づけし所以は傳へず、この村正保の國圖には見えず、慶安年中の圖に始て載たり、然らば正保の後に開けし村なるべし(新編武蔵風土記稿より)


天沼新田正進庵の周辺図