猫の足あとによる埼玉県寺社案内

東光寺。川越市藤間にある曹洞宗寺院

東光寺の概要

曹洞宗寺院の東光寺は、医王山と号します。東光寺は、柳津權太夫が開基、舟海久呑(万治3年1660年寂)が開山したといいます。かつては当地に西光寺があったもののいつしか廃寺となったため、当寺が藤間諏訪神社の地より移転したといいます。

東光寺
東光寺の概要
山号 医王山
院号 -
寺号 東光寺
住所 川越市藤間1126
宗派 曹洞宗
本尊 阿弥陀如来像
葬儀・墓地 -
備考 東光寺幼稚園



東光寺の縁起

東光寺は、柳津權太夫が開基、舟海久呑(万治3年1660年寂)が開山したといいます。かつては当地に西光寺があったもののいつしか廃寺となったため、当寺が藤間諏訪神社の地より移転したといいます。

新編武蔵風土記稿による東光寺の縁起

(藤馬村)
東光寺
曹洞宗、澁井蓮光寺の末、醫王山と號す、柳津權太夫開基す、開山僧舟海久呑萬治三年四月二日示寂せり、本尊薬師は坐像にて臺座ともに一尺餘、安阿彌の作といふ、
衆寮。彌陀を安ぜり(新編武蔵風土記稿より)


東光寺の周辺図