猫の足あとによる川口市の寺院、神社、観光名所など川口市の寺社案内 猫の足あとによる川口市の寺院、神社、観光名所など川口市の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

昌福寺。川口市本蓮にある曹洞宗寺院

昌福寺の概要

曹洞宗寺院の昌福寺は、荷葉山と号します。昌福寺は、苗運惠胤大和尚(天正4年1576年3月20日没)が開山となり創建したといいます。江戸期に寺子屋として子弟教育にあたっていたことから、明治6年から約30年新郷村の小学校として教育に携わっていたといいます。

昌福寺
昌福寺の概要
山号 荷葉山
院号 -
寺号 昌福寺
本尊 釈迦牟尼佛像
住所 川口市本蓮1-12-39
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



昌福寺の縁起

昌福寺は、苗運惠胤大和尚(天正4年1576年3月20日没)が開山となり創建したといいます。江戸期に寺子屋として子弟教育にあたっていたことから、明治6年から約30年新郷村の小学校として教育に携わっていたといいます。

新編武蔵風土記稿による昌福寺の縁起

(蓮沼村)昌福寺
曹洞宗、里村法性寺の末なり、荷葉山と號す、開山苗運惠胤は、天正四年三廿日寂せり、本尊三尊の弥陀を安ず。
白山社。(新編武蔵風土記稿より)

境内掲示による昌福寺の縁起

室町時代、苗運惠胤大和尚(天正4年1576年3月20日没)による開山。
山号の荷葉山の由来は、当時当所が、蓮沼田の湿地帯であったことから生まれたものである。
江戸時代は寺子屋として、地域の子弟の教育の場であったが明治初めの学制発布によって、明治6年(1873)から明治38年(1905)まで新郷村の小学校であった。
当時の本堂は安永5年(1776)正月十日に建設された広い本堂で、法堂としてばかりではなく、学校教育の教室としての地域の重要な施設でもあった。(境内掲示より)


昌福寺所蔵の文化財

  • 菅原道真の木彫
  • 釈迦本尊
  • 寺子屋時代の書物

昌福寺の周辺図


大きな地図で見る