猫の足あとによる埼玉県寺社案内

不動院。川口市本町にある真言宗智山派寺院

不動院の概要

真言宗智山派寺院の不動院は、成田山と号し、成田山新勝寺の川口分院です。不動院は、安永4年(1775)に不動堂として創建、照明和上が明王寺と称して当地へ移転したといいます。昭和20年に成田山新勝寺の末寺となり、昭和30年成田山分院の称号を許可されています。明王寺は北足立八十八ヵ所霊場53番となっていました。

不動院
不動院の概要
山号 成田山
院号 不動院
寺号 -
本尊 不動明王像
住所 川口市本町3-3-17
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 明王会館
備考 -



不動院の縁起

不動院は、安永4年(1775)に不動堂として創建、照明和上が明王寺と称して当地へ移転したといいます。昭和20年に成田山新勝寺の末寺となり、昭和30年成田山分院の称号を許可されています。

新編武蔵風土記稿による不動院の縁起

(川口町)
不動堂
石像の不動を安ず。東明院の持。(新編武蔵風土記稿より)

「埼玉宗教年鑑」による不動院の縁起

不動院
五大山と号す。
開山は宥賢で、寛文4年(1664年)8月3日入寂、と伝えられている。(「埼玉宗教年鑑」より)


不動院の周辺図