猫の足あとによる埼玉県児玉郡の寺院、神社、観光名所など埼玉県児玉郡の寺社案内 猫の足あとによる埼玉県児玉郡の寺院、神社、観光名所など埼玉県児玉郡の寺社案内
猫の足あとによる埼玉県寺社案内

光勝寺。児玉郡美里町阿那志にある真言宗豊山派寺院

光勝寺の概要

真言宗豊山派寺院の光勝寺は、諏訪山釈迦院と号します。光勝寺の創建年代は不詳ですが、新編武蔵風土記稿によると、新編武蔵風土記稿が編纂された文化文政年間には、光勝寺に宝亀五年の銘文がある観音像があったことから、古寺ではないかと記載しています。児玉三十三霊場18番霊場です。

光勝寺
光勝寺の概要
山号 諏訪山
院号 釈迦院
寺号 光勝寺
住所 児玉郡美里町阿那志550
宗派 真言宗豊山派
本尊 多羅尊観音像
葬儀・墓地 -
備考 児玉三十三霊場18番霊場



光勝寺の縁起

光勝寺の創建年代は不詳ですが、新編武蔵風土記稿によると、新編武蔵風土記稿が編纂された文化文政年間には、光勝寺に宝亀五年の銘文がある観音像があったことから、古寺ではないかと記載しています。

新編武蔵風土記稿による光勝寺の縁起

光勝寺
新義真言宗、小茂田村勝輪寺末、諏訪山釈迦院と号す。本尊多羅尊観音、長2尺余、外に釈迦の像を安ぜり。
観音の像、後年たた中より離れて二つとなり、背の方に宝亀五年の銘文ありしゆへ最古仏なる事を始て知て、其まま龕に納めて、敢て修理を加へず。古色の形を存ぜり。其図上の如し(宝亀五年刀三月開祖歓同と記載)。宝亀五年は空海生まれし年なれば、いとも上りし世の事にて、實に当時のものなるべきや、考ふべからず。されど殊勝にして、古佛なることは論なく、銘文のさまも後人の者せしとはおもはれず。由て按に此像もし宝亀の作とせんには、歓同開基の時は今の宗門にあらざる事知らる、将若くは此像他寺に在しを、後に当寺へ移せしにや。
鐘楼、鐘は元禄四年の鋳造にて、当山三十七世の住僧、祐慶建立の由を銘す。
十王堂。(新編武蔵風土記稿より)


光勝寺の周辺図


大きな地図で見る


埼玉県の霊園

花園むさしの浄苑