猫の足あとによる埼玉県寺社案内

安龍寺。鴻巣市安養寺にある曹洞宗寺院

安龍寺の概要

曹洞宗寺院の安龍寺は、金鳳山と号します。安龍寺は、海雲和尚安公禅師(嘉暦3年1328年寂)が臨済宗寺院として創建、佛日金蓮禅師(元和4年1618年寂)が曹洞宗に改めたといいます。

安龍寺
安龍寺の概要
山号 金鳳山
院号 -
寺号 安龍寺
本尊 釈迦牟尼仏像
住所 鴻巣市安養寺379-1
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



安龍寺の縁起

安龍寺は、海雲和尚安公禅師(嘉暦3年1328年寂)が臨済宗寺院として創建、佛日金蓮禅師(元和4年1618年寂)が曹洞宗に改めたといいます。

新編武蔵風土記稿による安龍寺の縁起

(安養寺村)
安龍寺
禅宗曹洞派、足立郡大崎村國昌寺末、金鳳山と號す、開山の僧を海雲安公禅師と云、境内に墓碑あり、其銘に先住當寺海雲和尚安公禅師、嘉暦三年□□三月廿七日、未初伽□□□座口喝泊然而化、元徳三年三月塔成と載たり、其頃は済家の寺院なりしが、佛日金蓮禅師の時、今の宗旨に改むと云、此僧は元和四年二月十八日化す、本尊三尊の彌陀を安ず、
鐘樓。寛政二年鑄造の鐘をかく、
觀音堂
稲荷社
天神社(新編武蔵風土記稿より)


安龍寺所蔵の文化財

  • 宝篋印塔
  • 大雲文竜書

安龍寺の周辺図