猫の足あとによる越谷市・埼玉県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

西方日枝神社。越谷市相模町の神社

西方日枝神社の概要

西方日枝神社は、越谷市相模町にある日枝神社です。西方日枝神社の創建年代等は不詳ですが、江戸時代には東光院、利生院、神王院、安楽寺、薬王寺、観音寺の六寺院を擁する大社であったといい、西方村の鎮守社であったといいます。明治四十年同村の八幡神社、稲荷神社、愛宕社、天神社などを合祀したといいます。

西方日枝神社
西方日枝神社の概要
社号 日枝神社
祭神 大山咋命、素盞嗚尊、菅原道真、大己貴命など十五柱
合祀 -
境内社 鹿島社、天神社
祭日 -
住所 越谷市相模町6-481
備考 西方村鎮守



西方日枝神社の由緒

西方日枝神社の創建年代等は不詳ですが、江戸時代には東光院、利生院、神王院、安楽寺、薬王寺、観音寺の六寺院を擁する大社であったといい、西方村の鎮守社であったといいます。明治四十年同村の八幡神社、稲荷神社、愛宕社、天神社などを合祀したといいます。

新編武蔵風土記稿による西方日枝神社の由緒

(西方村)山王社
村の鎮守なり、別當東光院本山修験、葛飾郡幸手不動院の配下なり、當社元大社にて六佚の僧ありしと云、東光院は即其一にて、餘の五寺は利生院・神王院・安楽寺・薬王寺・観音寺是なり、利生院は今大聖寺の塔頭にて、神王院は廃し、其餘の三寺は東方村にこれあり。
---
八幡社
東光院の持(新編武蔵風土記稿より)

埼玉県・越谷市掲示による西方日枝神社の由緒

日枝神社の勧請年は不詳であるが、元荒川をひかえた奥州街道に面した古社の一つである。もとは山王社と称され、東光院、利生院、神王院、安楽寺、薬王寺、観音寺の六寺院を配下におさめていた大きな社であった。その後江戸時代に四寺が大相模大聖寺の塔頭に移され、一寺が廃寺となったが、山王社は西方村の鎮守に位置づけられた。
明治の初年山王社は日枝神社と改称、明治四十年同村の八幡神社、稲荷神社、愛宕社、天神社などを合祀している、現在は大山咋命、素盞嗚尊、菅原道真、大己貴命など十五柱を祭神として祀っている。
境内には古い石塔はみられないものの、神社にほど近いおしゃもじ端と称された祠堂には、嘉暦三年(一三二八)在銘のものと、元弘三年(一三三三)在銘の弥陀一尊板碑が神体として祀られている。(埼玉県・越谷市掲示より)

「埼玉の神社」による西方日枝神社の由緒

かつての日光街道の道沿いに鎮座する当社の境内は、旧西方村の東外れに位置し、その裏手(北方)には元荒川が流れている。この元荒川の土手沿いには見田方の八坂社、東方の久伊豆社、西方の当社の三社が等間隔に並んでおり、そのうち真ん中にあった久伊豆社が大相模郷の総鎮守になったと伝えられる。
当社の勧請に関する定かな記録はないが、神仏分離以前は山王社と称し、本山派修験の東光院が別当を務め、「享保十六辛亥(一七三一)山王権現本地薬師如来」の墨書のある神璽筥が本殿に安置されていたという。また『風土記稿』西方村の項によれば、村の鎮守である当社は、元は「六佚の僧」を持つ大社で、東光院のほかに利生院・神王院・安楽寺・薬王寺・観音寺の五寺を配下に収めていたが、後に神王院は廃され、利生院は、大相模不動尊で有名な地内の大聖寺の塔頭になり、残る三寺は東方村の村内にあったという。なお、別当の東光院は当社の東側にあったが神仏分離によって廃寺となった。(「埼玉の神社」より)


西方日枝神社の周辺図


大きな地図で見る