津田八幡神社。熊谷市津田の神社

猫の足あとによる埼玉県寺社案内

津田八幡神社。熊谷市津田の神社

津田八幡神社の概要

津田八幡神社は、熊谷市津田にある八幡神社です。津田八幡神社の創建年代等は不詳ながら、応永21年(1414)の足利持氏寄進状により、鶴岡八幡宮の放生会料所が津田郷にあったことから、その頃に祀られたのではないかといいます。江戸期を通して村の鎮守として祀られ、明治初年村社に列格、明治45年諏訪神社が祭られていた当地へ遷座といいます。

津田八幡神社
津田八幡神社の概要
社号 八幡神社
祭神 誉田別命
相殿 建御名方命、伊弉諾命、素戔嗚尊、菅原道真公
境内社 三嶽神社、伊奈利神社
祭日 -
住所 熊谷市津田897
備考 -



津田八幡神社の由緒

津田八幡神社の創建年代等は不詳ながら、応永21年(1414)の足利持氏寄進状により、鶴岡八幡宮の放生会料所が津田郷にあったことから、その頃に祀られたのではないかといいます。江戸期を通して村の鎮守として祀られ、明治初年村社に列格、明治45年諏訪神社が祭られていた当地へ遷座といいます。

新編武蔵風土記稿による津田八幡神社の由緒

(津田村)
諏訪社
福王寺持
-
八幡社
村の鎮守なり、同寺(福王寺)持、(新編武蔵風土記稿より)

「埼玉の神社」による津田八幡神社の由緒

八幡神社<大里村津田八九七(津田字前町)>
当社は、大里村の東部に位置する大字津田のほぼ中央に鎮座している。神社の北方は集落となっており、ほかの三方には水田が広がっている。
津田の地名は、既に南北朝時代に「津田郷」として見え、その開発の古さを物語る。津田郷には、応永二十一年(一四一四)八月二十日の足利持氏寄進状により、鶴岡八幡宮の放生会料所があったことが知られ、そこに祀られたのが当社ではないかと想像される。
『風土記稿』津田村の項には「諏訪社福王院持、八幡社村の鎮守なり、同寺持」とあり、当社が村の鎮守とされている。また、二社の別当であった福王院は、同地内の西明寺の門徒であった。
明治初年に福王院の管理下を離れた当社は村社となり、更に明治四十五年字前町の無格社諏訪神社に遷座の上、同社と字西町にあった無格社八坂神社を合祀した。遷座前の社地は、字八幡町の水田の中にあった金塚と呼ばれる盛り土で、今は跡形もない。
合祀に際し、無格社であった諏訪神社の社地に移された理由は、八幡神社の社地が集落から離れ、参詣などに不便を来していたことが挙げられよう。
造営は、本殿が諏訪神社本殿として明治三十三年に行われ、覆屋が、来る合祀に備え、同四十二年に「諏訪八幡神社社殿新設」の名目で建立された。社殿下の盛り土はこの時に行われたものである。(「埼玉の神社」より)


津田八幡神社所蔵の文化財

  • 根精様

津田八幡神社の周辺図