猫の足あとによる埼玉県寺社案内

蓮昭寺。熊谷市箱田にある浄土宗寺院

蓮昭寺の概要

浄土宗寺院の蓮昭寺は、漆間山と号します。蓮昭寺は、祖幡随意上人が熊谷寺中興に際して、常行念佛堂を天正10年(1582年)当地に移して創祀、寛文9年(1669)に丹波国篠山法来寺の善念上人が観音・勢至菩薩を奉安、元禄年間(1688-1704)に阿部豊後守忠吉が再興したといいます。昭和16年蓮昭寺と称しています。

蓮昭寺
蓮昭寺の概要
山号 漆間山
院号 -
寺号 蓮昭寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 熊谷市箱田2-11-6
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



蓮昭寺の縁起

蓮昭寺は、祖幡随意上人が熊谷寺中興に際して、常行念佛堂を天正10年(1582年)当地に移して創祀、寛文9年(1669)に丹波国篠山法来寺の善念上人が観音・勢至菩薩を奉安、元禄年間(1688-1704)に阿部豊後守忠吉が再興したといいます。昭和16年蓮昭寺と称しています。

「埼玉宗教名鑑」による蓮昭寺の縁起

漆間山と号す。
天正10年(1582年)熊谷寺中興の祖幡随意上人が熊谷寺建立の際、その地にあった常行念佛堂を当地に移したものである。
寛文9年(1669年)丹波国篠山法来寺から善念上人が恵心・春日の作と伝えられる観音・勢至菩薩を奉安し、元禄年間(1688~1704年)に至って忍城城主阿部豊後守忠吉が再興したが、天保12年(1841年)1月23日火災にかかり焼失し、同14年再建したと伝えられる。
昭和16年3月蓮昭寺と改称し、現在に至る。(「埼玉宗教名鑑」より)

新編武蔵風土記稿による蓮昭寺の縁起

(上ノ村新田箱田村)
阿彌陀堂
村持(新編武蔵風土記稿より)


蓮昭寺の周辺図